眼精疲労

たまにはブログぐらい使ってもいいじゃない

拝啓 Invisibleへ

Invisibleと出会ったのはグラブルを始めたあとしばらく放置して、フォロワーがやりだしそうだし俺もまた始めるかな!ってなった直後だったと思う

当時まだひ弱(今もひ弱)だった自分はTwitterグラブルやってる人間がほぼおらず、コネクションがなくてグラブルWikiの団員募集板とにらめっこして団を探していた が、どこもかしこもなんか平均ランク高い(といっても100ちょいとかなのだが、さっきも言ったとおり自分はひ弱だった)しよくわからんこと書いてある・・・って感じだった 自分はガチでやる雰囲気があまり好きではなかったのでなかなか見つからなかった そのときに見つけたのがInvisibleだった さすがに2年前くらいのことで記憶が曖昧なのだが、「団員みんなで強くなっていく」とか、「まだみんな初心者」という文言に惹かれて入ったはず

インビジに入った直後は今の団長(レミファさん)は副団長で団長は別の人だったのだが、すぐにその人がやめてしまいレミファさんが団長になったのは記憶している その頃はまだlikiさんがいるかいないかぐらい?でエクさんと小薪さんがいるくらいで妖さんとか長老さんとかはまだいなかったころで、今のインビジとはだいぶメンツが違うんだけど、あの頃から団茶も結構喋ってた・・・はず 楽しかったのは間違いない

その後なんかの流れで「あれ?みんなTwitterやってるの?というか団茶イマイチじゃね?Twitterにまとめない?」みたいになって、みんなとTwitterでつながり始めた Twitterでつながるっていうことは思っていた以上のものがあって、より楽しく、深くつながっていった気がする 団DMでいろいろ統率が取りやすくなってやれることも増えた

自分も楽しかったからインビジに数人別ゲーでの知り合いを誘ったり、他の人がまた知り合いを誘ってその知り合いがまた誘って・・・みたいな感じでインビジの輪が広がっていった その過程で強い人(主観)がメチャクチャ入ってきたり、前からいた人がやる気出してどんどん強くなっていくなか、自分はあんまり強くなろう!みたいなつもりがなくてだんだん戦力で置いていかれるようになった

自分が弱いと古戦場で貢献ができなくなる、古戦場で貢献できないとなんか周りの人に申し訳ない そう思い出したけど、自分の強くなるスピードが他の人の強くなるスピードより遥かに遅くてなかなかできなかった

そんな時、古戦場で相手の貢献度を分単位で計測して監視しよう!みたいな流れを誰かがつくって、「これなら自分でもできるんちゃうか」と思って計測をするようになった 高校の授業の合間に貢献度見たりとか、親がいない土日だとPCの前にずっとかじりつきで肉を集めつつ監視とかしてた

そんな監視はだいたい杞憂で終わったりするんだけど、1回だけ結構な差をつけていた相手の貢献度の伸びから肉集めを継続してるのを見つけて逆転されるのを防いだ、みたいなことがあった まだHELLがなかった時代である 結構な差をつけていたので慢心していたんだけど、それがわかってからみんなで慌てて肉集めして夜のATで走ってギリかわして勝った

だいぶ経ったあとに別の通話で話してたときに、「あの集計があって本当にありがたかった、ありがとう」と妖さんに言われて泣きそうになった 「インビジにいてよかった」と思ったことは数多くあるけど、一番思ったのはこの時だと思う

 

インビジはいつも誰かが変なこと考えてるし、にゃちかさんはまな板ネタでいじられてるし、さいとさんは気がついたらパセリになって、と思ったらもずくになったりもしてて意味がわからなかったし、他の人も色んな意味ですごい人ばかりだった なにより、みんな楽しんでグラブルや別のゲームをしていた(ルーレットでHLとかマキュラHLを全員火パでクリアするとかぶっ飛んでたと思う)僕はそんな空間にいて一緒にグラブルとかをするのが楽しかった

 

だから、団長が引退して団が解散になると聞いたときに凄まじく落ち込んだ 正直リアルの生活に影響が出るくらいに落ち込んだ

 

正直そのときには周りが遥かに強くて、自分がそのレベルまで強化するだけの気力をグラブルにはかけられなかった モチベは落ち込んでたけどインビジの中でゆっくりとやればいいかな、くらいにのんきに考えていた(今考えてもこの考えは甘いとは思う) 団がなくなるというのを考えたことがなかったところに入ってきた情報はまさしくボディーブローだった

 

グラブルをやめることを決めるのにはあまり躊躇しなかった 団の解散を聞いた瞬間になにかが崩れてしまった あまりにもインビジに依存していたのかなと今振り返って思う

でも、それくらいにインビジは掛け値なしにサイコーの団だった

 

団長へ

こんな団にずっといさせてくれた団長には感謝の念しかないです 団長はよく「みんなのおかげ」というけれど、そのみんながワイワイやる雰囲気を作れたのはリーダーだった団長がレミファさんだったからだと自分は強く信じています 本当にありがとうございました

他のみんなへ

こんな人間と一緒に色々遊んでくれてありがとうございました みんなと一緒に楽しくいろんなことができて僕は幸せです

 

団としてはなくなるけど、これからもInvisibleは見えない(Invisibleな)(ここが一番言いたかった)絆・輪で繋がっているし、これからも別のゲームでワイワイできたらなと思っている

書こうと思ったら言いたいことがまとまらなかったけど許してほしい

 

 

ほんとうにありがとう、Invisible